FC2ブログ

見るだけでいいという、科学的実践英語トレーニング「ブレインラーニング」

日本人って、学校でも勉強しているのにどうして英語が話せないんだろう?と思ったりしませんか?

私も英語が話せるようになりたいと思ってます。
昔は英会話学校へ通ったりもしましたが、ほとんど話せないまま、わからないままでした。

しかし10日ほどイギリスに旅行したとき、耳に入ってくる英語がずいぶんわかるようになったんですよね。
日本語として考える方法では英語は覚えられないな~って思ったんですよね。

そんなとき、科学的実践英語トレーニング「ブレインラーニング」というものを知ったので、「ブレインラーニング」サンプルDVDと、小冊子『脳はどうやって英語を学ぶのか?』をいただいて試しに見てみました。

005.jpg


この「ブレインラーニング」は、脳機能学者である苫米地英人博士が開発した、脳科学・言語学に基づく英語教材なんだとか。

冊子を読んでみてなるほど~!と思ったのですが、日本は英語を学ぶときに日本語で英語を学ぶので、日本語脳を活性化させることになり、日本語の土台の上に英語のビルを建てようとしてしまうのでネイティブにはなれない、ということ。
たしかに私なんかは英語を勉強するとき、一度日本語に置き換えて理解してしまいます。
そこから間違っているんだとか。
子供が言語を学ぶときと同じように、日本語ネットワークを抑えて英語モードを作ることが重要だそうです。

で、どんなふうに学ぶの??ということでサンプルDVDを見てみました。
このサンプルはバイノーラル録音という、人の頭の形をしたバイノーラルマイクで録音しているんですって。
音の反響、距離感などが私たち人間が聴いているのと同じ効果を生み、驚くほどの臨場感を体感できるんだとか。
だからその臨場感を感じれるようにヘッドホンをしてみてくださいとのことでした。

私はスピーカーとヘッドホンの両方で聞いてみたのですが、ヘッドホンだと凄い!!
すぐ近くでネイティブの人が話している感じ。
臨場感があり細かい発音までよく聞こえるので、会話に集中すると自分の体の中に英語が入っていく感じがするんですよ。
聞き流すだけでもいいみたいですが、自分が役者になり、本当にその場にいるかのようにシャドーイングもすると効果的なんだそうですよ。
自分がその場にいて会話を聞いていなかった・・・だったら失礼だから、話を聞こうと集中しますもんね。
その空間の臨場感が上がればあがるほど英語脳が出来上がるので効果があるみたいですよ♪

このサンプルと勉強法を知って、全然聞けないし覚えられない(←これは年のせいもあるかも!?)英語がなんだかとっても新鮮に感じました。
まだ何でも吸収できる年齢の息子と一緒に勉強してみようっかなぁ。できるかも!!って気にさせられちゃいました

image2_20121218120424.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

じゅんべぇ

Author:じゅんべぇ
音楽大好き、ネット大好きなお気楽な35歳主婦☆39歳の旦那、幼稚園に通う6歳、0歳の息子たちとの4人暮らし。 

*おすすめリンク*


お気に入り☆
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア

FC2カウンター
リンク