FC2ブログ

意外と知らない危険な「歯医者さんの水」

子供たちの定期健診などを含め、歯医者さんはよく行きます。
通っている歯科医院は先生を信頼しているので気持ちよく通わせてもらっているのですが、レビューブログさんからの情報で歯医者さんについての気になるものを見つけました。



去年、読売新聞の夕刊に掲載された記事なのですが、”『歯科治療・水に細菌』機器に滞留し増殖”ですって・・・。
これは歯医者さんによくあるユニットチェアから出てくる、うがいをするあの水のことなんです・・・
多くの細菌を増殖した配管から出てきていて、汚染水となっている、あのうがいをする水が危険な水である状態だ!という内容なんですよ。

・・・たしかにあの水は常に循環しているわけでもなく、使用していない夜や休日はそのままになってしまいますよね。
その配管やユニットチェア機器を通っている水に細菌が繁殖して増殖しているんだとか。

もともと歯医者さんは口の中の虫歯を削ったり、口の中の細部をクリーニングしたり、多量の水を使っていますよね。
想像してもらえばわかると思いますが、治療中の水って結構飛び散ったりしているんです。
唾液や虫歯菌などが混ざった水が飛び散っている・・・それだけでもなんかイヤなのですが、その汚染された水は歯などを削るタービンからチューブを逆流し、チューブ内を行ったり来たりしているそうですよ。。。

本来はダメなはずのタービンの未消毒での使い回しなども問題になっていて、歯医者さんに通えば通うほど虫歯になったり、最近が体内に入り込む原因になってしまうんだとか。
怖い~!

この水の問題に取り組んでいる国内唯一の団体、特定非営利活動法人POIC(R)研究会は定期的に院内水の細菌数を検査し、 常に「細菌数『0』」と保てている医院のみを認定施設として公式サイトで公表しています。
これは歯科医院選びにも役立ちそうですね。

多くの患者が来る医院であるからこそ、こういうところもしっかりしてもらえると嬉しいです。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

スポンサーサイト



プロフィール

じゅんべぇ

Author:じゅんべぇ
音楽大好き、ネット大好きなお気楽な35歳主婦☆39歳の旦那、幼稚園に通う6歳、0歳の息子たちとの4人暮らし。 

*おすすめリンク*


お気に入り☆
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア

FC2カウンター
リンク